人間は125歳まで生きられる!

元気なままで長生きするには?

人間は本来、125歳くらいまで生きられるといわれています。

これは人間の細胞の遺伝子の研究の結果明らかにされたものです。

日本人は戦前まで平均寿命で50歳にも達していなかったのですが、高度成長期を経て社会全体が豊かになるとともに栄養状態も向上したこと、医療の発展もあり、日本人の寿命は80歳前後まで延び、100歳以上の人口も2万人を超えています。

こうした人生80年時代の訪れとともに、考えなくてはならないことは「いかに元気なままで長生きするか」ということです。

この「元気なままで」という課題解決の方法がアンチエイジングです。

直訳すれば「年をとることに抵抗すること」となりますが、要するに加齢による身体的な変化、老化現象を出来るだけ少なくするようにコントロールすることです。


体の中から若々しくなるエイジングケア7つのポイント最新の記事

DHAサプリで若々しい毎日を

最近注目のサプリメントといえば、DHAサプリですね。

DHAサプリは魚の脂質を飲みやすくサプリメントにしたものですが、DHA以外にも魚の健康成分であるEPAやビタミンE、ナットウキナーゼなど、血液をサラサラにして若々しくイキイキと人生を楽しむための成分が配合されているものもあります。

DHAやEPAというと青背の魚に豊富な成分ですが、青魚はどうも苦手という方って多いですね。

でも、青魚はいつまでも若々しく人生を楽しむためには、ぜひ積極的に食べたい食材です。

そこで青魚が苦手な方におすすめなのがDHAとEPAを配合したサプリです。

DHA EPAサプリは魚が苦手な方でも飲みやすいように、オレンジエキスを配合してニオイを抑えたものや、特殊製法でクセを抑えたものがありますので飲みやすく続けやすいのも魅力です。

さて、ここでDHAとEPAの健康効果について再確認しておきましょう。

DHAは主に脳細胞を活性化する作用があり、記憶力を高めたい方や、学習能力向上、痴呆症の予防などに効果を発揮します。

EPAは血液中の赤血球を柔軟にする作用が認められており、血液をサラサラにしたり、血栓の予防作用があるとされています。

私たちは年齢とともに血管が硬くなる傾向にありますが、その主な原因は生活習慣にあります。

タバコやお酒の飲み過ぎ、ストレス、栄養バランスの偏った食事が血管を硬く、もろくする、動脈硬化の主な原因です。

仕事や家事に、育児にと忙しい毎日を送っていれば、食事もカンタンで手軽なもので済ましてしまいがちですよね。

ファストフードやコンビニのお弁当やお惣菜ばかりの食生活では糖質と脂質ばかりに栄養が偏ってしまいます。

こうした食生活を長年続けていれば、血液中に中性脂肪やコレステロールがあふれかえり、脂質異常症となってしまいます。

それも放置すれば、動脈硬化が進み、結果として脳梗塞や心筋梗塞などの重大な病気のリスクも高まります。

そんな食生活の乱れを少しでも補ってくれるのがDHAサプリです。

忙しい毎日を送る方にはぜひDHAサプリ ランキングを参考に選んでいただきたいですね。

体の中から若々しくなるエイジングケア7つのポイントについて