DHAサプリで若々しい毎日を

最近注目のサプリメントといえば、DHAサプリですね。

DHAサプリは魚の脂質を飲みやすくサプリメントにしたものですが、DHA以外にも魚の健康成分であるEPAやビタミンE、ナットウキナーゼなど、血液をサラサラにして若々しくイキイキと人生を楽しむための成分が配合されているものもあります。

DHAやEPAというと青背の魚に豊富な成分ですが、青魚はどうも苦手という方って多いですね。

でも、青魚はいつまでも若々しく人生を楽しむためには、ぜひ積極的に食べたい食材です。

そこで青魚が苦手な方におすすめなのがDHAとEPAを配合したサプリです。

DHA EPAサプリは魚が苦手な方でも飲みやすいように、オレンジエキスを配合してニオイを抑えたものや、特殊製法でクセを抑えたものがありますので飲みやすく続けやすいのも魅力です。

さて、ここでDHAとEPAの健康効果について再確認しておきましょう。

DHAは主に脳細胞を活性化する作用があり、記憶力を高めたい方や、学習能力向上、痴呆症の予防などに効果を発揮します。

EPAは血液中の赤血球を柔軟にする作用が認められており、血液をサラサラにしたり、血栓の予防作用があるとされています。

私たちは年齢とともに血管が硬くなる傾向にありますが、その主な原因は生活習慣にあります。

タバコやお酒の飲み過ぎ、ストレス、栄養バランスの偏った食事が血管を硬く、もろくする、動脈硬化の主な原因です。

仕事や家事に、育児にと忙しい毎日を送っていれば、食事もカンタンで手軽なもので済ましてしまいがちですよね。

ファストフードやコンビニのお弁当やお惣菜ばかりの食生活では糖質と脂質ばかりに栄養が偏ってしまいます。

こうした食生活を長年続けていれば、血液中に中性脂肪やコレステロールがあふれかえり、脂質異常症となってしまいます。

それも放置すれば、動脈硬化が進み、結果として脳梗塞や心筋梗塞などの重大な病気のリスクも高まります。

そんな食生活の乱れを少しでも補ってくれるのがDHAサプリです。

DHA EPAを効率よく摂取するには、サプリメントがおすすめです。

気になる方は、人気No.1のDHA EPAサプリ、きなりの口コミを参考にしてみてください。

いちご鼻って何のことかわかりますか?

鼻の頭や周囲の毛穴に皮脂汚れと古い角質が混ざり合ったものが詰まって、黒いプツプツになっている状態の、まるでいちごの表面のようなあの感じになった鼻のことです。

いちご鼻の主な原因は、皮脂の分泌が多すぎたり、角質汚れがうまく落とせないために毛穴に詰まってしまって、皮脂が酸化してしまうからです。


こうした原因を考えれば、いちご鼻を治すためには、皮脂の分泌を正常にすることと、角質汚れをためないことです。

また、皮脂の酸化を最小限にとどめることも意識しましょう。

皮脂はお肌を保護するために必要なものですから、何度も洗顔したり、洗浄力の強い洗顔料を使うのは間違いです。

お肌を保護するために必要な皮脂まで洗い流してしまうと、お肌は外部刺激から守られなくなるだけでなく、お肌の内部のうるおいも失われてしまいます。

余分な皮脂汚れだけを洗い流すのが洗顔の基本です。皮脂の分泌は体の内部の状態と深いかかわりがあります。普段の食生活が揚げ物や肉料理中心絵の脂っこいものばかりであったりすると、皮脂分泌は過剰になりがちです。

皮脂の分泌を適正にするには、野菜や海藻類、キノコ、豆類などをたっぷりととりましょう。特にカボチャやブロッコリー、ホウレンソウやトマトなどの緑黄色野菜は皮脂分泌を適正に調整するだけでなく、皮脂の酸化も防ぐ作用があります。

以上のように、食事に気をつけることは大事ですが、運動も大切です。

運動すると、血液のめぐりがよくなり、お肌の代謝も促されるため、古い角質が残りにくいお肌になります。

お肌だけでなく、体全体の代謝がよくなるため、さまざまな健康効果も期待できます。

また、毛穴が開く理由は皮脂分泌が多いことや、毛穴に汚れが詰まることだけではありません

お肌のたるみやゆるみも毛穴が開く原因です。

これは、お肌の奥でハリと弾力を生み出しているコラーゲンが崩れてしまったり、減ってしまうからです。

30歳半ばを過ぎて毛穴の開きが目立ってきた方や、場合は、ほとんどがこのコラーゲンの減少や崩れによるものです。

この場合、お肌の奥へ浸透して、コラーゲンを再生させる化粧品の使用が有効です。

30代以降でいちご鼻が気になる方は、通常のいちご鼻のケアに加えて、お肌の奥のコラーゲンを再生させる化粧品もプラスしましょう。

いちご鼻をケアする化粧品については下記のサイトを参考にしてみてください。

ジョギングよりもウォーキング

私は先月まで週に3日、毎朝ジョギングをしていました。

ランナーズハイという言葉もあるように、ジョギングは慣れてくると走ることが気持ちよくなり、雨が降っても防水のウェアを着てまで走りたくなるそうです。

私はそこまでの域には達しませんでしたが、走り切った後の爽快感は一度味わうと病みつきになると思っています。

そんな私も、先月でジョギングをやめてウォーキングにしました。

ジョギングは心臓や肺にかなりの負担をかけるスポーツであること、またエイジングケアの大敵ともいえる活性酸素を多く生成してしまうのだそうです。

エイジングケアということを考えれば有酸素運動がいいのです。

手軽にできる有酸素運動はいろいろありますが、ストレス解消とリラックス効果も考えればやはり、ジョギングで走っていた海辺のサイクリングコースを早歩きでウォーキングするのがいちばんかなと思いました。

早朝の海辺のウォーキングはとても爽快ですし、早歩きのウォーキングなら、結構な運動量になると思います。

有酸素運動ですから、呼吸はできるだけ正常時のようなリズムを保てるようなペースで歩きます。

30分も早歩きで歩くと、うっすらと汗もかきますから、自宅に戻って少し熱めのシャワーを浴びると気持ちいいですね。

20分ほどシャワーを浴びてから、先日の記事でご紹介したウォーターサーバーの天然水をゴクッと飲みます。

この時ほどお水のおいしさを実感する時はありませんね。

五臓六腑にしみわたるとはまさにこんな時のことでしょう。

その後朝食を食べると、自然な便通が訪れて、一日が快調にスタートできるのです。

みなさんもエイジングケアを意識して毎日の生活で運動をするならば、ジョギングよりも早歩きのウォーキングのような有酸素運動をおすすめします。

そして適切な水分補給も忘れずにどうぞ。

ウォーターサーバーでエイジングケア

体の中から若々しくなることを意識するならば、食生活が大切ですが、良質な水を飲むことでの水分補給も大切です。

良質な水とはミネラルバランスに富んだ天然水。

さらに非加熱処理のお水であればなおいいですね。

せっかくの天然水も加熱殺菌してしまうと、天然水が本来持つ活性が失われてしまいますし、水に自然に溶け込んでいる酸素や炭酸ガスが失われてお水本来のおいしさが失われてしまいます。

水分を適切に補給することが大切なのはなぜでしょうか?

夏の暑い時期に水分補給が大切なのは多くの方が認識していることでしょう。

しかし体の中からのエイジングケアを意識するのであれば、水分補給はとても大切です。

人間の体は生まれて間もない赤ちゃんで70%以上、40代以降のエイジングケア世代で60%程度が水分です。

血液やリンパ液、各臓器と筋肉、骨とあらゆる部分の細胞も水分がなくては機能しません。

こまめに水分補給することで、それぞれが本来の機能を発揮することで、健康でイキイキとした毎日をおくることができますし、体の中からうるおうことで、お肌はコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンが正常なお肌のターンオーバーにより生み出されるのです。

さて、良質なな非加熱の天然水をこまめに水分補給するということを考えるならば、スーパーやコンビニ、ドラッグストアなどで売っている2リットルのペットボトルミネラルウォーターを継続して飲めばいいのでしょうか?

実は店頭に並んでいるペットボトル入りのミネラルウォーターは、エビアンやボルヴィック等の欧州からの輸入品以外はほとんどが加熱殺菌されています。

ですので輸入のミネラルウォーターをこまめに飲むというのもいいでしょう。

私がおすすめしたいのはウォーターサーバーです。

輸入のミネラルウォーターは非加熱である点はいいのですが、硬水が多いので飲みにくいと感じる方もいるでしょう。

ウォーターサーバーで非加熱の天然水を選択すれば、定期配送してもらえますし、硬度40程度からの軟水が楽しめます。

ウォーターサーバーでエイジングケアということもこれからは時代の流れになるのかもしれませんね。

美容のマーケティングはお客様にあり

組み合わせ自由な化粧品のセットというのはなかなか魅力的です。

先日私が愛用する美顔器の専用美容ジェルの会員向けのお得情報が来たのですが、この美容ジェルはしわ、たるみ対策向け、美白向け、保湿と3種類あったのですが、今度新しくオールインワンタイプの美容ジェルが出たんです。

これ、とってもいいなあと思ったのですが、私としては保湿ケアも試してみたいし、美白も気になるんです。

それで各種それぞれを3本づつなんて詰め合わせにしてくれたらいいのになあと思っていた時に電話があったんです。

「先日DMを送付させていただきましたが・・・」と来たので早速「それぞれを3本づつなんてお願いできませんか?」と聞いてみたところ。

「ご用意しますよ」

ということでした。

この会社のこの柔軟な対応が気に入っています。

以前も商品の説明をしてもらったことがあるのですが、オペレーターの方の柔らかで思いやりのある対応にとても気持ちよくまたリピートしちゃおうと思ったものです。

そして先日再度、DMが来たところ、私の意見を取り入れたのか3本づつ好きな美容ジェルを選べる「セットおトクコース」なるものが新しく掲載されていました。

このようにお客様の意見をスムーズに取り入れる柔軟さってこれからの美容関係の企業にはとても大切な企業姿勢だと思います。

もうこれだけ市場が速く動くんですからやっぱりマーケティングの基本は「お客さんに聞け!」ということだと思うのです。

私も営業職ですからこのあたりはいつも気をつけているところですが、再度そんなことを感じたのです。

毛穴ケアを考える方は外側からのケア、例えば洗顔や化粧水、毛穴パックなどを考える方も多いでしょう。

毛穴パックはお肌を傷める恐れもあるので私はおすすめしませんが、お肌に優しい洗顔料をつかった正しい洗顔は毛穴ケアの基本中の基本。

とっても大切なのですが、毛穴ケアはこうした外側からのケアだけではありません。

食事内容を見直して体の中からもケアしたいものです。

毛穴の開き・黒ずみの原因は様々な要因が絡み合っているのでそう単純なものではありませんが、皮脂分泌が過剰であったり、加齢によるおはだのたるみが主な要因ですから、これらに対応した食事を意識しましょう。

皮脂分泌を適正化するためにはまずは高脂肪の食事はNG。

脂肪の多い部位の肉は控えて、赤身の肉にするなど工夫が大切です。

ダイエットを意識する女性には肉類を一切摂らないという方もいるようですが、食事は栄養バランスが大切です。

適切な肉類摂取は大切です。

また皮脂分泌を適切にコントロールするビタミンB1、B2を多く含む食品、豚肉の赤身、うなぎ、ブロッコリー、パプリカもおすすめです。

ブロッコリーやパプリカ、ピーマン、トマトといった色の濃い野菜はビタミンB1、B2をはじめ、ビタミンC、抗酸化物質も豊富で美容と健康のためにとっても大切なものです。

脂肪はとりすぎはダメですが、植物性のものを適量摂取するのは大切です。

オリーブオイルやごま油などをスプーン1杯程度はかならず毎食に取り入れるとよいでしょう。

野菜や魚はできるだけ生で食べることもおすすめです。

免疫力向上や代謝の正常化には食品に含まれる酵素が大切ですが、熱を加えることで酵素のほとんどは失われていますからです。

皮脂分泌の適正化を意識すると、どうしても脂肪を押さえた食事ばかりを意識しますが、糖分のとりすぎにも注意しましょう。

糖分は過剰に摂りすぎて代謝されないと脂肪に変わってしまいます、

糖分をきちんと代謝されて、エネルギーに変えるためにはビタミン類がきちんととれていることが大切です。

こうしたことを意識して体の中からも毛穴ケアをすることで外側からの毛穴ケアとの相乗効果によって毛穴が引き締まりなめらかなお肌に変わってゆくのです。

毛穴ケアのたった一つのポイント

30歳に差し掛かると顔に様々な変化が現れることに気づくでしょう。

アンチエイジングとか、エイジングケアを考え始める方が多くなるのもちょうど30歳くらいからでしょう。

男性はそれほど気にする方はいないようですが、女性は朝起きて身支度をしようと鏡の前に立った時。

「あれ?これってもしかして・・・」

なんてことがあるかもしれません。

しわやたるみ、毛穴の開き、etc・・・

こうしたお肌の変化、「年齢肌」とか「エイジングサイン」とも呼ばれるこうしたお肌の変化を感じる方は多くが外側からのケアを考えるようです。

外側からのケアとは具体的には、エイジングケア化粧品を使ってみたり、美容器具や悩みの深さによっては美容整形なども考える方もいるようです。

しかし、この年齢肌、エイジングサインがどうして起きるのか、そのメカニズムをしっかり理解すると、まずやるべきことは体の中からのケアであることがわかるでしょう。

年齢による変化は様々ありますが、すべて体の中の変化の表れであるということを理解すれば、どんなに外側から一生懸命にケアしてみても、それは一時的なものではなく、根本的な改善にはつながらないのです。

体の中からのケアと並行して、エイジングケア化粧品を使うことをおすすめします。

年齢肌の悩み、しわやたるみ、毛穴の開きの原因に共通するのはお肌の奥での水分不足、乾燥によるコラーゲン繊維の崩れとお肌のターンオーバーの乱れです。

これらによりお肌のハリとうるおいが不足してしわやたるみ、毛穴の開きにつながります。

またしわやたるみのケアは皆さん一生懸命にケアしても、毛穴の開きや黒ずみケアは意外に間違った方法でやっている方も多いので正しい方法を理解しておきましょう。

何といっても体の中からのケアとお肌に優しい洗顔料を使うことがポイントになります。

和食は世界に誇る健康食です。

日本人の長寿の理由の一つに発酵食品や豆類、魚介類中心の和食があるといわれ、世界でも注目されています。

みそやしょうゆ、納豆、ぬか漬けといった発酵食品は腸内環境を良好に保ち、ビタミンも豊富です。

昆布やわかめ、ひじき、海苔などの海藻類もミネラル豊富ですし、魚介類は良質のたんぱく質と油で健康を支えてくれます。

特に青魚の油はDHA、EPAが豊富に含まれ、世界的にも注目されています。

煮干しや昆布、鰹節、干しシイタケなどの乾物にも独特のうまみと栄養素が含まれています。

主食の米もパンやパスタに比べてカロリーは低く良質なエネルギー源といえます。

最近では白米よりもずっとビタミンミネラルが豊富な雑穀にも注目が集まっていますね。

このように豊富な発酵食品と海藻類、魚介類中心の食生活を取り入れているのは世界的にも非常に珍しいのです。

ところが、最近では肉類中心の食生活の欧米化によって、昔の日本人にはそれほど見られなかった病気のリスクもアップしてきたと言えるでしょう。

魚や豆類をたんぱく源として、季節の野菜や果物、海藻類からビタミンとミネラルをとり、発酵食品で腸内環境を良好に保ち健康を維持してきたのが日本人でした。

この世界に誇る日本の和食文化を次世代にもしっかり受け継いでいきたいものですね。

サウナは健康にいいのか?

高温のサウナで大量に汗をかいてからキンキンに冷えたビールを飲むのが最高!

というかたもいるでしょう。

私もサウナの後のビールはとてもおいしいと思います。

汗をかくというのは新陳代謝を促進して、体内の老廃物や有害な重金属を汗とともに排出するのでそういった意味では健康にいいといえます。

皮膚が排泄機能を持つことを意識している人は少ないと思いますが、肝臓や腎臓、肺とともに大切な排泄機能を持っています。

ですから毎日入浴する、下着をきちんと取り替えるということは健康のためにも大切なことです。

ただ、高温のサウナを利用する際に知っておいてほしい事は、想像以上に大量の汗をかいていることです。

充分な水分補給をしないと、血液がドロドロになり、心筋梗塞や脳梗塞につながる可能性もあります。

また、交感神経も緊張状態になり、心臓にも負担がかかります。

循環器系の疾患がある方、血圧が高めの方は高温のサウナは避け、半身浴、ぬるめのお湯にゆっくりとつかることをおすすめします。

またサウナでもスチームサウナ、ミストサウナとも呼ばれる湿度の高い中でのサウナであれば、体から放散される水分もかなり少なくなり、血液がドロドロになるリスクはグッと少なくなります。

一般的な乾式サウナを利用する際には、事前にしっかり水分補給をすること、入浴後にはビールよりも良質な天然水がおすすめです。

コレステロール値は低い方がいいの?

人間ドッグを受けると各種の数値が出ますが、みなさんまず気にするのがコレステロール値ですね。

コレステロール検査とは、血液中のコレステロールを運ぶ物質の質と量を調べるものです。

数値は総コレステロールの値、善玉コレステロール(HDL)の値、悪玉コレステロール(LDL)の値が表になって結果として出ますね。

実は医学的にはコレステロールには善玉も悪玉もなく、コレステロールを運搬するものが総コレステロールとしてあらわされており、その働きによって善玉、悪玉と分けているのです。

悪玉コレステロールはそれ自体が悪いのではなく、活性酸素と結びつくと血管壁を傷つけて動脈硬化の原因となるといわれています。

善玉コレステロールは体の末梢部分から肝臓へとコレステロールや脂肪を送り込む働きをします。

このため血管にとって良い働きをしてくれるという意味で善玉コレステロールと呼ばれているのです。

ですから総コレステロールの値を気にするのではなく善玉と悪玉のバランスを確認する必要があるのです。

悪玉コレステロールのLDLに占める善玉コレステロールHDLの割合が3以下で、総コレステロールに占める善玉コレステロールの値が4以下が理想とされています。


ですのでやみくもにコレステロールを下げればよいのではないのです。

コレステロールは性ホルモンなどのステロイドホルモンや細胞膜を作るために欠かせない物質です。

薬でコレステロールを下げすぎたりするとさまざまな病気の原因ともなるので慎重な対応が必要です。